食♥楽しまにゃ~

めざせ❕老けない♥ロカボ生活~レシピ付

❥ほうれん草とユリ根と鰤のフラン~ほうれん草~

♥ ほうれん草  

冬はほうれん草が安~い
と都内でも100円しない
年末はちょっとな上がり(^_^;)
ほうれん草の根、、甘くて子供の頃から
すきなんですが、最近のほうれん草の根
あまりピンクでない気がする (゜゜)。

ほうれん草の花みたことある?
雌花(雌株)と雄花(雄株)があるの~
花は5月頃満開~(゜゜)
ほうれん草は風媒花で、虫に主張しなくて
いいので、花は花弁を持たず、雄花は遠く
まで飛ぶための軽い花粉が大量に詰まった
雄しべを、雌花はその花粉を受け取るため
長く伸びた雌しべを露出している❣

f:id:CATNIP:20201230192955p:plain

<左が雄株><右が雌株>で雌株は種が
できると枯れてしまう~(+_+)

f:id:CATNIP:20201230200521p:plain

葉の形が違う、東洋種と西洋種など
いろいろなほうれん草が
現在は存在する❣(^.^)ノ

学名 Spinacia oleracea
アカザ科ホウレンソウ属

自生しているものは発見されていないが、
中央アジア~西アジア、ペルシャ原産
7世紀 中国での栽培が報告されている
17世紀(江戸時代)
日本に 東洋種(ギザギザの葉)が
19世紀西洋種(丸い葉)が伝わった、
東洋種と西洋種ではタネの形もちがう
その後品種改良かあり、
現在の品種の多くは
西洋種に東洋種の遺伝子を入れた
交雑固定種や、西洋種と東洋種の
一代雑種(F1)

ホウレンソウの「ホウレン」とは
中国の唐代に「頗稜(ホリン)国」
(現在ネパール もしくはペルシアを指す)
から伝えられた事による
後に改字して「菠薐(ホリン)」となり、
日本では変化して「ホウレン」となった
ある程度成長するまでビニールなどを
かけて栽培し収穫前に取り払って
冷たい外気に晒す事(寒締め(かんじめ)
で糖度が上がり甘味を持つようになる
また、ビタミン類やカロテンなどが増え、
栄養価も高いホウレンソウになる❣
( `ー´)ノ

❥特に栄養価の高い緑黄色野菜
美肌や健康な体作りに欠かせません❣
特に旬の冬のもの使いたい~

βカロテン...抗酸化作用、生活習慣病予防
・ビタミンC...抗酸化作用、美白
・ビタミンB群(葉酸)
 .
..貧血予防(鉄の吸収促進)
 *ほうれん草の葉から発見されたのが名前の由来
・ビタミンE...抗酸化作用 美肌効果
・カリウム...血圧正常化
・カルシウム...骨粗鬆症予防
・マンガン...根のピンクところ、骨形成
鉄...貧血予防
スピナコシドとバセラサポニン
 …血圧正常化 
シュウ酸カルシウムの吸収を阻害したり
  シュウ酸が体内でカルシウムと結合し
  腎臓や尿路にシュウ酸カルシウムの結石
  ができるといわれてきたが
  品種改良により、生食用の品種など
  できてきた
 *おばあちゃんの知恵袋❣
  日本人は昔から下茹でして
  シュウ酸対策して
  ほうれん草を使うよね~(^.^)b

私達の体は食べたもので出来ている
強いからだ作り、
楽しんで、、、
ご一緒に~
ストレスレスな、
レシピ、ご紹介します
 (^O^)/

 
私の提案する食は
 できるだけ自然のものを
 簡単におばあちゃんの知恵袋
 お伝えしたい~
 調味料要注意
 ~(゚Д゚)ノ
 

★レシピ解説 (^_-)-★

 フランは以前の(8/23投稿参照)👇

www.enjoycatnip.com

今回は旬のほうれん草ユリ根ブリ
を使ったフラン

f:id:CATNIP:20201230152213p:plain

卵と百合根は相性ばっちり
キッシュの中身と考えれば、
卵とほうれん草も相性ばっちり
ほうれん草とベーコンにすると、
「キッシュロレーヌ」ですね~
f:id:CATNIP:20201230151513p:plain
器を変えれば、おもてなし~
洋風茶碗蒸し、おせちの1品
縁起物の出世魚と百合根入り~デス❣
(^^v

《ほうれん草とユリ根と鰤のフラン》
材料 
<フランフィリング> 
・卵      2個(100㎖)
・生クリーム 200㎖
・牛乳    100㎖
・塩      3g
・胡椒
・パセリ

・鰤2切れ
・塩
・白ワイン
・ほうれん草 2株
・ユリ根(花ユリ根で外した外側の燐片(リンペン)

<フランフィリング>を混ぜておく
②ほうれん草とユリ根を茹で切っておく
③鰤に塩して少し置き、出てきた水気を
 キッチンペーパーでふき取る
 白ワインをふっておく
④器に全てを入れる
⑤10分蒸して出来上がり~


♥Point (^^)b♥
魚を使うので、しっかり臭みを取ろう❣
ほうれん草は茎から入れて、
葉を入れたら、直ぐに取り出し水に
さらし、絞っておく
フィリングの生クリームの量を増やすとなめらかに~
牛乳だけでやると、プリン食感
お好みで変えてネ❣
牛乳を豆乳にかえてもいいです。
簡単❣うまうま(^_-)-☆

 

【本文参考文献等】
・食品図鑑 女子栄養大学出版
野菜まるごと大図鑑 主婦の友社
・日本食品標準成分表 文部科学省


最後まで読んでくださり、
ありがとうございました
次回も簡単レシピ
ご期待ください (^.^)❣ 

楽しまにゃ~
★+
こちらはポチポチっと何度でも~
❥読者になる ポチっと  ヨロピク(^^♪ 
❥ブログランキングにも参加してま~ス 

     👇  ヨロピク(^^♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村