食♥楽しまにゃ~

めざせ❕老けない♥ロカボ生活~レシピ付

❥花百合根・花びら百合根~ユリ根~

♥ ユリ根  

子供の頃は茶碗蒸しに入っているだけ
楽しみだった、、
学生の頃、自分で買って卵とじにして食べ
凄く感激した❣ (^^♪
ホクホクでね、、
最初に、食べた人えらい~
感謝、、
お花のユリは母の好きな花で、玄関に
カサブランカが生けられてました
香りが苦手だった~(+_+)

ユリは世界中に100種位あり、
アジアにその半分以上約60種があるとか、
日本には15種ほど自生している

中国や日本では古くから薬用として使用
「古事記」や「万葉集」などにユリの花は
出てくるが、食用としての記述はなく、
江戸時代、「農業全書」1697年に
概要と栽培法、食べ方などの記載がある

欧米では多くは観賞用に利用されている
江戸時代に来日した医師シーボルト
植物学者ツンベルクらによって
ユリの花の美しさが欧米に紹介されると
観賞用として人気になった
明治6年(1873年)にウィーンで開かれた
万国博覧会に日本のユリが出品された後
観賞用としてのユリ根の輸出が盛んに
なったという~( `ー´)ノ

ユリの花言葉は「純粋」「無垢」
白の花言葉は「純潔」「威厳」
オレンジの花言葉は「華麗」
ピンクの花言葉は「虚栄心」

f:id:CATNIP:20201226222616p:plain
<コオニユリ>
食用として出荷されているものの9割は
コオニユリ、珠芽(ムカゴ)はできない

f:id:CATNIP:20201226223139p:plain
<オニユリ><オニユリのむかご>
オニユリはコオニユリより大型で、
葉腋(ようえき)に珠芽(ムカゴ)を着生する
珠芽(ムカゴ)から育てることができる

f:id:CATNIP:20201227000946p:plain
<ヤマユリ>
ヤマユリは日本の特産、花はユリの中で
一番大きく豪華、強烈な香気がする

f:id:CATNIP:20201226224051p:plain
学名 Lilium spp
ユリ科ユリ属
中国、日本原産
ユリ根はユリの隣茎(リンケイ)(球根)
根ではなく、茎なの~
たくさんの燐片(リンペン)が重なっている
この隣茎の形から「百合」の字が当てられた

食用として最も流通している
コオニユリは、中型で苦味が全くない
オニユリにはわずかな苦味がある
ヤマユリは大型で、苦味は全くない
スカシユリ、タツタユリ、ワダユリ
なども食用できる

ユリ根は出荷するまでに4年以上かかる❣
毎年植え替えが必要で(別の畑に移す)
花のつぼみは取り、咲かせない 
また、一度ユリ根を植えた畑では
連作障害があるので、
4~10年あける必要がある

生産は北海道が95%であるが、
消費量は関西が高く、
「年を重ねる」という縁起担ぎ
おせちに使われるので、
お正月の時期には価格が上がるが、
開けると値段が下がるので、
そこで是非使って~

古くから薬として用いられており、
滋養強壮、利尿、せき止め、
便秘の解消、病気や産後の回復
などに使用された

食物繊維(グルコマンナン)
 ...整腸作用、生活習慣病予防
カリウム…血圧正常化
・葉酸...貧血予防
・鉄...貧血予防
 
昔から修行僧の大切な栄養源と
なったというユリ根❣
私達の体は食べたもので出来ている
強いからだ作り、
楽しんで、、、
ご一緒に~
ストレスレスな、
レシピ、ご紹介します
 (^O^)/

 
私の提案する食は
 できるだけ自然のものを
 簡単におばあちゃんの知恵袋
 お伝えしたい~
 調味料要注意
 ~(゚Д゚)ノ
 

★レシピ解説 (^_-)-★

 昨日に引き続きおせちに使える2品
ユリ根を使って、、
花百合根は山茶花のイメージ
お出汁で煮て、柚子の皮を
トッピング~

花びら百合根は桜の花びらで、食紅を
つかうの嫌だったので、梅酢の中に
浸けて、梅肉ソースを添えたヨ~

f:id:CATNIP:20201227214405p:plain


ユリ根はおがくずに入っている状態で
購入~まだ安かったのですよ、、
よく洗って
外側の燐片(リンペン)を外す、外したもので
花びら百合根つくったり、卵とじしたり
できる~
根がついてるほう(下)を削り取り、
一枚一枚の燐片(リンペン)を半分に切り
花の形になるようにしていく

f:id:CATNIP:20201227212535p:plain
<左:上からみたもの><右:外側外したもの>

f:id:CATNIP:20201227213122p:plain

大きいものだったので二つに割った

《花百合根》
材料 
・ユリ根  2個
・出汁 600㎖
・塩    小1
・薄口醤油大1
・酒    小2
・柚子皮
①出汁に味を付けて、
②沸騰させた中に上記の処理をした
 花ユリ根をいれて
③3分加熱してユリ根はひきあげる
④煮汁が冷えたら③を入れておく
⑤器に盛り付け、ゆずの皮を千切り
にしたものをトッピング

《花びら百合根》
材料 
・ユリ根 燐片(リンペン) 
・梅酢
・あさつき
<梅ソース>
・梅干し
・煮切り白ワイン

①ユリ根の燐片(リンペン)を2分茹で
 桜の花びらのように切れ込みを
 入れておく
②梅酢に浸けておく
③梅干しを白ワインでペースト状にのばし
 器に盛り付けたユリ根にトッピング
④あさつきを散らして出来上がり

Point (^^)b
両方とも作り置きできる~
百合根は燐片(リンペン)はがして
かためにゆでて、冷凍することも
できるよ~
簡単❣うまうま(^_-)-☆

【本文参考文献等】
・食品図鑑 女子栄養大学出版
・食品学(各論)培風館

・日本食品標準成分表 文部科学省


最後まで読んでくださり、
ありがとうございました
次回も簡単レシピ
ご期待ください (^.^)❣ 

楽しまにゃ~
★+
こちらはポチポチっと何度でも~
❥読者になる ポチっと  ヨロピク(^^♪ 
❥ブログランキングにも参加してま~ス 

     👇  ヨロピク(^^♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村