食♥楽しまにゃ~

めざせ❕老けない♥ロカボ生活~レシピ付

❥クリスマスティーパーティー③スイーツ&ドリンク~クリスマスケーキ ♡~

♥ クリスマスケーキ ( ^^) _U~~♡

日本ではクリスマスケーキは予約販売が
当然~街頭で販売していたり~
これは1910年創業の不二家さんの
クリスマス販売戦略
始まりなんだそう~
1922年に今のようなケーキを発売開始
現在のスタンダード、スポンジケーキに
クリーム砂糖細工などのサンタさんや
オーナメント、イチゴ、チョコレート
毎年12月のイチゴの高価格が決まる~
イチゴの旬じゃない時期だから、、大変
日本だけなんですよ❣
実はローソクをたてるのも、独自の文化❣

f:id:CATNIP:20201223230341p:plain
フランスでは切り株の形の
★「ブッシュドノエル」★
諸説があるが、キリスト教以前の
もともとの北欧の古い宗教的冬至祭「ユール」
で使われた丸太「ユール・ログ」を、
パリのお菓子屋さんがかたどって作ったもの

ドイツではドライフルーツや
マジパンの入った (^.^)b
★「シュトーレン」★
1329年ナウムブルク(Naumburg)で
当時の司教様に、クリスマスの贈り物として
献上された、形はすでに現在のものと同様、
産着に包まれた幼子イエスをかたどったもの

f:id:CATNIP:20201223233658p:plain

イタリアでは
★「パンドーロ」★パネトーネ」★
・パンドーロは、13世紀に
ヴェネツィア貴族の宮廷で出されていた
”pane de oro”(黄金のパン)に由来
上から見ると星形で、
スライスしてずらしデコしたりもする
・パネトーネは、
諸説ありますが、
ミラノのパン職人「アントニオ」が
はじめてつくったものだといわれ、
名前「パン・ディ・アントニオ」が由来

f:id:CATNIP:20201223234511p:plain
オーストリアの
★「クグロフ」★
諸説あるが、14世紀、
アルザス地方で流行したグーゲルフエッテ
Gugelhuete という帽子にクグロフの形が
似ていることが由来
この辺りまでは、日本でよく目にする
ようになった~

f:id:CATNIP:20201223235045p:plain

そして、イギリスでは
★「クリスマスプディング」★
現在のイギリスではデザート一般のことを
「プディング」よんだりするが、始まりは
動物の腸の中に、小麦粉や米、牛脂や豚脂、
肉、卵、牛乳、バター、果物などの材料を
入れて蒸したもので、味付けもおかず
のようなものが多かった、後に動物の腸
ではなく、プティングクロス(布)を使う
ようになり、17世紀頃から
「プラムプディング」がデザートとして
食べられていた
ヴィクトリア時代(19世紀)
ヴィクトリア女王は、
ドイツのアルバート公と結婚
クリスマスにツリーを飾る習慣は
ドイツに起源があり、彼女はその習慣を
取り入れたといわれている
同様に、「プラムプディング」
英国王室のデザートに採用して以降、
イギリス国民のクリスマスに欠かせない
デザートとして定着
・スティーアップサンディ(Stir Up Sunday)
 クリスマスの4週間前の日曜に作り始める
 生地に13種(イエスキリスト+その12人の
 弟子達を現わす)の材料をボールに入れ
 型に流し入れる時、東から西(時計回り)に
 一人1回混ぜながら願いを唱える慣習や、
 生地の中にいろいろいれる慣習、、
 コイン(富)、蹄鉄(福)、星(幸福)
 ボタン(独身)、熊(強)、指輪や指ぬきは
 結婚の象徴などしていた、、
・当日の演出
 食べる前にあたためなおし、
 ヒイラギの葉(キリストの茨冠)をさして
 ブランデーやラム酒をかけてフランベ
 して提供する~
ファイヤー( `ー´)ノ 

f:id:CATNIP:20201224144326p:plain

そしてロイヤルティーパーティーが開催
これを機にクリスマスティーパーティーを
計画する伝統が生まれ、1860年代には
上流階級の間で人気となり、イギリス伝統
のアフタヌーンティーパーティーの
クリスマスシーズン版となった、

このころ、出来たといわれるのが、

🎄クリスマスティー🎄

諸説ありますが、
ロイヤルティーパーティーの時に、
クリスマスは贅沢を楽しみたいと、
いつも飲んでいるお茶に高価なハーブや
スパイスを入れたお茶がブレンドされた
このブレンドを茶商に頼むようになり、
毎年、それぞれの茶商によるオリジナルの
ブレンドのクリスマスティーが現在でも
クリスマスパッケージで売られている~
また、クリスマスキャロルを歌う聖歌隊に、
体を温める飲み物としてふるまわれた
ノンアルコールなので子供から大人まで
楽しめるものですね❣ 

私達の体は食べたもので出来ている
強いからだ作り、
楽しんで、、、
ご一緒に~
ストレスレスな、
レシピ、ご紹介します
 (^O^)/

 
私の提案する食は
 できるだけ自然のものを
 簡単におばあちゃんの知恵袋
 お伝えしたい~
 調味料要注意
 ~(゚Д゚)ノ
 

★レシピ解説 (^_-)-★
今回のクリスマスティーパーティーでは
パウンドケーキと市販のお菓子に

ウバのミルクティー
最後に
「クリスマスティー」を準備~( ^^) _U~~

●クリスマスケーキ(チーズクリーム)
●パウンドケーキ
●ショートブレット
●チョコレート

f:id:CATNIP:20201221140413p:plain

アメリカでは、クリスマスにはクッキーや
キャンデイなどがたのしまれるが、
アメリカのお土産で、クリスマスの可愛い
模様の缶いっぱいに、ドライフルーツと
スパイスのたくさん入った重いケーキを
頂いたことがあるの
日持ちするケーキ、、なんだと、感動❣
( ̄▽ ̄)
パウンドケーキ、
フランスではカトルカールは
全ての材料が同量で、バターの中に空気を
取り込んで作る焼き菓子ですが、、、
今回は生おからパウンドケーキ
(見た目)ご紹介しま~す

《生おからのパウンドケーキ》
材料 
・ドライフルーツ50g(お好みで)
・ラム酒    大2
・ナッツ    50g(お好みで)
・デーツ(種なし) 4つ
・生おから   150g
・アーモンドプードル50g
・バター    50g
・卵3個

*オーブン予熱170度セットする
①ドライフルーツを刻んでラム酒につける
②ナッツを刻んでおく、バターを溶かす
③デーツをフードプロセッサーにかける
④③の中に生おから、アーモンドプードル
 入れてフードプロセッサーにかける
⑤④に溶かしバターをいれて
 フードプロセッサーにかける
⑥卵をもったりするまでハンドミキサーで
 たてて、⑤を入れて更に混ぜる
⑦最後に①と②入れてざっくり混ぜる
⑧パウンド型に流しいれて、170度40分


Point (^^)b
まさに、アメリカででいうブレッド~
ラム酒や、中身(ミンスミート)のおかげで、
豆腐感がぬける、、すきなものをいれて、
作ってみてね
簡単❣うまうま(^_-)-☆

 

www.enjoycatnip.com

 

www.enjoycatnip.com

 

【本文参考文献等】
・ヴィクトリア朝の暮らし 河出書房新書
・英国美味しい物語 東京書籍

・イギリスお菓子百科 ソーテック社


最後まで読んでくださり、
ありがとうございました
次回も簡単レシピ
ご期待ください (^.^)❣ 

楽しまにゃ~
★+
こちらはポチポチっと何度でも~
❥読者になる ポチっと  ヨロピク(^^♪ 
❥ブログランキングにも参加してま~ス 

     👇  ヨロピク(^^♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村