食♥楽しまにゃ~

めざせ❕老けない♥ロカボ生活~レシピ付

❥ アルボンディガス(スペイン風ミートボール)~スペインの食文化~

スペインの食文化  

ブログ200回記念~❣第2弾
スペイン料理~ワインで乾杯❣

f:id:CATNIP:20201210111005p:plain
ポルトガルとフランスの間のスペイン
のあるイベルア半島は、ヨーロッパの端、
アフリカの大陸のお向かい、

❥スペイン料理❣ バル❣ ワイン❣
豆料理と
イベリコ豚(どんぐりを食べて育った)❣

のイメージ

f:id:CATNIP:20201210112127p:plain
地図を見てみると
海に囲まれた、魚介類にも恵まれた国❣
なぜ、豚なのか~

地中海側と大西洋側では全く違う食文化
がある、歴史的な背景の影響も強い~
繋がった大陸、スペインが国として成立
する前にこの辺りに、

地中海側の古代ギリシャ人によって
「オリーブ」が、ギリシャよりもっと東の
❥フェニキア人によってワインの原料の
「ブドウ」が紀元前には持ち込まれていた
肉、魚などの加工貯蔵もすでに行われた

❥ローマ人によって、「オリーブオイル」
「にんにく」「小麦」「豚」が持ち込まれ、
魚醤「ガルム」(現在はあまり見られない)
や肉の塩漬け(生ハム)等の保存貯蔵品
もあったという
その後
❥ゲルマン民族の大移動の影響で「ビール」
「バター」も入ってきた
東からのイスラム勢力が
イベリア半島に「米」「茄子」「玉ねぎ」など
の食材、料理、言葉など、、
❥15世紀以降、大航海時代に、
コロンブスが新大陸から
持ち帰ったものは、たくさんある、
「トマト」「唐辛子」「ピーマン」、「カカオ」
などすべて、そう、チョコレートは
スペインからヨーロッパへ拡散された~
スペインからヨーロッパに、
アジアに広がり、食文化に影響を与えた
(^.^)b

❥宗教という点から、ユダヤ教、カトリック、
イスラム教から、食文化に影響があった❣
なんと、国がカトリック化のために、
豚肉を食べることを薦め、18世紀にかけ
イスラム教徒とユダヤ教徒迫害をした~
(゚Д゚)ノ更に、
イスラムやユダヤの人が食べない
鱗のない魚「イカ」「タコ」「海老」「貝類」
好んで食べるようになったとか~

18世紀にはお隣の国、フランスの食文化、
イタリア食文化の影響を受けコース料理が
はじまり、本格レストランが開業したほど

19世紀~20世紀にかけては庶民の食糧不足
が続き、このころから、
「オリーブオイル」が頻繁に料理に使われる
ようになる、
そのころ生まれた代用品は
「ベジタリアンフード」として
後に評価されるようになる~(*'▽')

豚を食べる傾向になったのは、宗教的
背景だとわかりましたね~

魚ももちろん新鮮なものが取れます❣
白身魚は高級魚として好まれ、
青身魚も新鮮なものはもちろん
加工品としても、料理されてきた、
「真鯛のオーブン焼き」を食べる習慣が
大西洋側のカンタブリアから内陸に
伝わり、
クリスマスにマドリードでは真鯛が
食べられている

豆類は、スペイン中で好まれ
最初の一皿として穀類以上の必須食材
新鮮野菜や果物などもたべるが、
アラビアの食文化から、
乾燥果実やナッツ類(松の実アーモンド)
をデザートに、料理に使う
❥世界で最も古いソース「アイオリソース」
もスペインから~
みんな大好きマヨネーズ」もスペイン~
(マヨルカ島)

www.enjoycatnip.com
❥スペインは食事と共にお酒は必須~
朝のコーヒーにもブランデーをいれたり、
昼食にも、間食にも、ビールやワインが
お供~( `ー´)ノ
世界有数のワイン産地~安くて美味しい
赤ワイン、白ワイン、シェリ―
有名な「カヴァ」(スパークリング) (*'▽')

f:id:CATNIP:20201210173106p:plain

昔のスペイン産のワインは酸味が強く評価
が低かった、そこから、果実や炭酸水、
ジュースなどで割って飲むことが始まった
~これが「サングリア」❣ ( ̄▽ ̄)

f:id:CATNIP:20201210173823p:plain

❥スペインの食事は1日に5回~(゚Д゚)ノ
夕食時には居酒屋(バル)に、家で家族と
食事をする~
バルのカウンターにはアンダルシア発祥の
小皿料理(タパ、複数でタパス)
バスク地方発祥の(串料理)ピンチョスが並ぶ
言わば、スペインのファーストフード❣
色々な種類の少量の郷土料理を
ワイワイと肩を寄せ合って
お酒と共に食べる❣
これぞスペインの食文化だ~( ^^) _U~~

f:id:CATNIP:20201210175945p:plain


私達の体は食べたもので出来ている
強いからだ作り、
楽しんで、、、
ご一緒に~
ストレスレスな、
レシピ、ご紹介します
 (^O^)/

 
私の提案する食は
 できるだけ自然のものを
 簡単におばあちゃんの知恵袋
 お伝えしたい~
 調味料要注意
 ~(゚Д゚)ノ
 

★レシピ解説 (^_-)-★

 アルボンディガス(albo'ndigas)
アラビア由来の肉団子、
スペインバルでよく見かける人気の1品
スペインでは、香辛料をたくさん使う習慣が
ないといいます
ということで、今回はハーブ(オレガノ)を
使ったレシピ~(^.^)b
パン粉は使わず、豆腐で~

f:id:CATNIP:20201207030501p:plain



《アルボンディガス(albo'ndigas)》
材料 
(ミートボール)
・豚ひき肉     400g
・卵        1個
・オレガノパウダー   小1/2
・ドライパセリ     小1/2
・にんにく     1片
・松の実      大2
・玉ねぎ      1/4個
・豆腐       80g
・塩        小1
・ブラックペッパー 
・オリーブオイル   
(玉ねぎトマトソース)
・玉ねぎ      1/2個
・にんにく     1片
・オリーブオイル  大2
・白ワイン     大2
・トマト缶     1個
・粉パプリカ    小1
・オレガノパウダー 小1/2
・最後のオリーブオイル

 玉ねぎトマトソース作る
①玉ねぎ、にんにくみじん切り
②オリーブオイルににんにくの香りを
 だし、玉ねぎをちゃんと炒める
③②に白ワインを入れて、アルコール
 飛ばしトマト缶入れ、弱火で半量まで
 煮詰め、塩胡椒して味をみて出来上がり

 ミートボール作る
④豆腐の水気を切っておく
⑤玉ねぎみじん切り
⑥すべての材料をいれて、粘りが出るまで
 よく混ぜる
⑦多めのオリーブオイルで転がしながら、
 周りを色よく焼く(揚げる)

⑧ミートボールを玉ねぎトマトソース
 に入れて、火を入れ、最後に、
 オリーブオイルを入れて~

Point (^^)b
手間ではありますが、ミートボールの
表面をカリカリに焼くか、揚げるかすると
香ばしくコクが出ます。
中華の肉団子と同じだね、、、
茹でてて、ソースで煮てもできますが、
味が全然ちがいますよ~
簡単❣うまうま(^_-)-☆

【本文参考文献等】
・食の世界地図 文藝春秋
・スペイン料理 平凡社



最後まで読んでくださり、
ありがとうございました
次回も簡単レシピ
ご期待ください (^.^)❣ 

楽しまにゃ~
★+
こちらはポチポチっと何度でも~
❥読者になる ポチっと  ヨロピク(^^♪ 
❥ブログランキングにも参加してま~ス 

     👇  ヨロピク(^^♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村