食♥楽しまにゃ~

めざせ❕老けない♥ロカボ生活~レシピ付

❥しらすとズッキーニのフリッタータ~パルメザンチーズ~

♥ パルメザンチーズ  

子供の頃から、「粉チーズ」
大好きでした。
母が作ってくれるパスタ料理は
手作りのミートソーススパゲティ❣のみ
山盛りに振りかけて食べてました。。
あれ、何チーズ?!(?_?)
しかも「パルメザンチーズ」は
仏語の「フロマージュ・パルメザン」
英語の「パーマザーン・チーズ」
組み合わせた言葉で、アメリカで開発~
「パルミジャーノ・レッジャーノ」より
熟成期間が短く、あっさり味の別物~
「パルミジャーノレッジャーノに似てる」
という意味なんだって~
日本では「パルメザンチーズ」
=「パルミジャーノ・レッジャーノ」
=「粉チーズ」
という認識ですよネ~
ちがうのね~
「粉チーズ」に使われている
チーズが「パルメザンチーズ」なのか
「パルミジャーノ・レッジァーノ」
なのか、その他なのか規定もない❣
(^_^;)

「パルミジャーノ・レッジャーノ」
と呼ばれるためには、
北イタリアのエミリア=ロマーニャ州で
作られ、原材料の指定もあり、
最低1年間熟成をしたチーズで、
形や色・ツヤ・空洞がないかなどの
検査があり、認定が必要
「DOP」
(デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・プロテッタ)
という品質認定表示の刻印が捺される

f:id:CATNIP:20200827180723p:plain
超硬質タイプのチーズ、
細菌による内部熟成加熱圧搾、
コクのある味わいが特徴
脂肪分の一部を分離させた牛乳と、
させていない搾りたての牛乳を合わせて
作る
DOPの規定で1日に1回しか製造できない~
出来上がりは、平均30~40kgの太鼓型。
熟成期間は長いもの24~36か月熟成もの
がよくみられる、長くなるにつれ、
旨み成分であるアミノ酸(チロシン)の結晶
である白い粒があり、しゃりしゃりとした
食感、風味、香りがたつ~
味見したのですが、長いものほど、、
うまうま❣だった~(^.^)b

今は、かたまりで購入して、スライスして、
そのまま、ワインのおつまみに~
色々使いますが、味噌汁に入れると美味しい
ですよ~たまりません。

f:id:CATNIP:20201024162340p:plain

 

 パルミジャーノレッジャーノ24ヶ月熟成DOP 最低熟成 エミリアフードラブ イタリアで愛を込めて選ばれました (600)

最近お店で、「グラナパダーノ」
よく見かけますね、同じ使い方します。
熟成期間みじかく、原料乳を搾乳後
数時間休ませて、
部分的に脱脂したものを使う
少し価格的にもお手頃 

f:id:CATNIP:20201024162501p:plain

 

 三祐 イタリア産 DOP グラナ パダ-ノチーズ 1kgカット

 超硬質チーズなので、更に
❥濃縮された5大栄養素、低GI食品
消化吸収しやすくなったタンパク質

・タンパク質…熟成によって変化した、
  カゼインホスホペプチド
・脂質…エネルギーになりやすい
・ビタミンA...抗酸化作用
・ビタミンB2、B12…代謝アップ
カルシウム…牛乳の10倍以上
  …骨粗鬆症予防
   吸収性の高いカルシウム
・ナトリウム…取り過ぎに注意
*調味料として塩の代わりに使うことで、
塩分を減らすことができる 

メニューにちょい足しで、栄養価アップ~
私達の体は食べたもので出来ている
強いからだ作り、
楽しんで、、、
ご一緒に~
ストレスレスな、
ロカボ(糖質制限)生活
レシピ、ご紹介します
 (^O^)/

 
私の提案するロカボの掟は
 糖質をできるだけ使わない、
 調味料の中の糖質要注意
 ~(゚Д゚)ノ
 

★レシピ解説 (^_-)-★
フリッタータ
「frittata」
という単語は、炒める、揚げる
「friggere」の過去分詞「fritto」に由来、
もとは目玉焼きやトルテージャ(スペイン)
など、フライパン  で調理した卵料理全般を
指す言葉でしたが、
1950年頃、イギリスの料理研究家
「デリア・スミス」により
「イタリア版のオープンフェースのオムレツ」
と言われるようになった。
オムレツのように、巻き込んだりしない、
皆で切り分けて食べる具入りの厚焼き玉子デス
今回はズッキーニとしらす、チーズ入り
本日は「パルミジャーノ・レッジャーノ」
使ったよ~❣
🍅基本のトマトソース(4/9投稿参照)添えて~

f:id:CATNIP:20200826224626p:plain


 《フリッタータ》(イタリアンオムレツ) 
材料 16cmフライパン
・卵     3個
・ズッキーニ 1/4本
・しらす    大2
・パルミジャーノ・レッジャーノ
・イタリアンパセリ
・塩     1.5g
・胡椒
・オリーブオイル
・にんにく

①ボールに卵、スライスズッキーニ
 しらす、チーズ、塩、胡椒、パセリ
 を入れ混ぜておく
②フライパンにオリーブオイル、
 つぶしにんにくを入れ、香り出して、
 にんにく取り出す
③②に①をいれたら、外から中に混ぜて
 均等に熱を入れて、
④7割火が入ったら、ひっくり返し
⑤1分位でできあがり、器に切り分けて
🍅基本のトマトソース(4/9投稿参照)添えて 


Point (^^)b
フライパンごとオーブンに短時間入れて
仕上げることもあるが、
抗糖化調理にするために
「できるだけ加熱時間はみじかく」
したいのでフライパンで~
簡単❣うまうま(^_-)-☆


チーズを科学する

【本文参考文献等】
・チーズを科学する チーズプロフェッショナル協会
・食品学(各論)培風館

・日本食品標準成分表 文部科学省


最後まで読んでくださり、
ありがとうございました
次回も簡単レシピ
ご期待ください (^.^)❣ 

楽しまにゃ~
★+
こちらはポチポチっと何度でも~   ヨロピク(^^♪ 
❥読者になる ポチっと  ヨロピク(^^♪ 
❥ブログランキングにも参加してま~ス  
ヨロピク(^^♪
     👇
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村