食♥楽しまにゃ~

めざせ❕老けない♥ロカボ生活~レシピ付

❥キュウリのサンドイッチ ~ボストン茶会事件~

♥ ボストン茶会事件  

高校生の時、歴史が嫌いで、特に世界史は
カタカナを丸覚えして、試験に向かうので、
試験が終わると、3分で忘れてた、、
歴史が動くような事件、戦いには必ず理由が
あり、大体の理由には食べ物が絡んでいる
アメリカの独立戦争のきっかけは、紅茶❣
(゜o゜)

 

 30分で人生が深まる紅茶術 (一般書)

 
大航海時代、スパイスを求め、ヨーロッパの国々が
争うように新大陸(後のアメリカ)にたどり着く~
最初に紅茶を持ち込んだのはオランダ移民でした。
お茶をヨーロッパで売りさばいていたのは、
オランダでしたから、、イギリスもまずは、
オランダからお茶を買っていたのです。
状況は変わり、新大陸の中心地を
1664年オランダからイギリスが奪い、
「ニューヨーク」、と名前を変えたのヨ❣
当時は「ニューアムステルダム」だったのに~
(((゚Д゚)
イギリスはイギリス東インド会社設立後、
直接中国からお茶輸入の独占権ももち、
オランダからお茶を買うことを禁じ、、
海上権、植民地の覇権のイニシアチブを
握り始めていた、、
イギリス本土では紅茶がブレイク、
国は紅茶に高い税金を海外進出のたびにかけた
それは同様に植民地アメリカでも、、
このころお茶だけでなく政治的にも経済的にも
アメリカを圧迫していたようで、、不満❣が~
イギリスは東インド会社を救済すると
更に無茶苦茶な茶条例を下し、
人民の反対を無視したので、
「ボストン港をティーポットにする❣」
そう叫びながら~
総指揮者「サミュエル・アダムス」
東インド会社が運んできた茶を
ボストン港の海に投げ捨てた~( `ー´)ノ
1773年 ボストン茶会事件
これを機にアメリカは独立戦争へと~
1776年 アメリカ独立宣言
独立宣言以後も、イギリス本土での課税も
下がることはなく、
安い粗悪品が出回るようになったとき、
「トーマス・トワイニング」が国を説得し、
課税問題は決着した~(^.^)b
アメリカがコーヒーの国になったのは、
この事件の後、
「紅茶はイギリスの圧政と束縛の象徴である」
とされ、皆、コーヒー飲んだからだそうです~
(-。-)y-゜゜゜

私達の体は食べたもので出来ている
強いからだ作り、
楽しんで、、、
ご一緒に~
ストレスレスな、
ロカボ(糖質制限)生活
レシピ、ご紹介します
 (^O^)/

 
私の提案するロカボの掟は
 糖質をできるだけ使わない、
 調味料の中の糖質要注意
 ~(゚Д゚)ノ
 

★レシピ解説 (^_-)-★

インド原産のキュウリがイギリスにやってきたのは
14世紀だから、紅茶が飲まれるより先ですね、 
トルコ料理で古くからキュウリとミント
組み合わせはポピュラーなので、今回の
イギリスで紅茶がブレイクしたころ、、
食べられていたということも想像できますね、、
キャロットラペ、鶏ハム、オリーブを添えて、
紅茶は「アールグレー」で
ティーランチはいかがでしょうか?

f:id:CATNIP:20200816005555p:plain

最近はまってる、今回全粒ライ麦100%で
つくりました。
もともと、この大好きなキュウリのサンドイッチは
ライ麦ブレンドパンがあうと、
勝手に思って作ってきました~

《キュウリのサンドイッチ》
材料 
・キュウリ
・塩
・ミント
・レモン汁
・ライ麦パン
・バター

①パンにバターをぬっておく
②キュウリをスライスして、塩をする
③ミントはみじん切り
④絞った②に③、レモン汁をかけておく
⑤①に水気をきった、④を挟んで出来上がり~


Point (^^)b
パンに塗るバターはたっぷりと~
水気が出ますが、バターのおかげで、
パンはふにゃふにゃしないよ~
ミントがいい仕事するヨ❣
簡単❣うまうま(^_-)-☆

【本文参考文献等】
・茶の世界史 角山栄 中公新書
・30分で人生が深まる紅茶術 ポプラ社


最後まで読んでくださり、
ありがとうございました
次回も簡単レシピ
ご期待ください (^.^)❣ 

楽しまにゃ~
★+
こちらはポチポチっと何度でも~ 
❥読者になる ポチっと  ヨロピク(^^♪ 
❥ブログランキングにも参加してま~ス  

     👇 ヨロピク(^^♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村