食♥楽しまにゃ~

めざせ❕老けない♥ロカボ生活~レシピ付

❥「坊さんの気絶」~世界3大料理~

♥ 世界3大料理  

世界3大料理どこだかご存じですか?
「フランス料理」「中国料理」「トルコ料理」
私もあまり意識したことなかった
「トルコ料理」がはいっていました。
食文化と歴史はリンクしてるから、、なにかある❣
西洋と東洋の中間になるのかな~
全く違う食文化ならインドじゃない?!
誰が決めたのか、、調べてみましたが、
確実なものはないですね。
でも、特産の食べ物の習慣、
宗教的なことなど、考えると、
歴史は古く、宮廷料理があり、
ちょうど中間的かもしれません
トルコって、、
侵略したりされたり、かなり広い範囲が
領土になっていたので、いろんな食文化が
融合しているとも考えられますよね、
北はロシア、南はアフリカ、ヨーロッパへ、
アジアへ、、面白い~
トルコ料理、やっぱりしばらくはまりそう、、

f:id:CATNIP:20200811224743p:plain (ケパブ)
材料の特徴は、
(イスラム教の影響)
・魚介類(黒海、地中海沿岸)
・オリーブオイル・ヨーグルト
・果物・ドライフルーツ・ナッツ
・豆、玉ねぎ、トマト、キュウリ、、
・米(アジアから)・小麦(周辺が発祥地) 
ミント、ディル(イノンド)、イタリアンパセリ、タイム
・クミン、コリアンダー(あんまりスパイスは使わない)

 
今までにもレシピ紹介したものもありますが
これからも取り上げまーす。(^.^)b 
私達の体は食べたもので出来ている
強いからだ作り、
楽しんで、、、
ご一緒に~
ストレスレスな、
ロカボ(糖質制限)生活
レシピ、ご紹介します
 (^O^)/

 
私の提案するロカボの掟は
 糖質をできるだけ使わない、
 調味料の中の糖質要注意
 お砂糖は使いませんでした~(゚Д゚)ノ
 

★レシピ解説 (^_-)-★

 パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ
「坊さんの気絶」凄い名前の料理なので、
興味津々、、でしょう~
バユルドゥ=めまい
イマム=僧の階級
パトゥルジャン=「なすび」

 

 墨運堂 文鎮 茄子 140g 25917

 (↑↑これ本物っぽい~(゚Д゚)ノ)
「なすび」にはグアニル酸(うま味)がたくさん入っていて、
丸のまま加熱するとそれがたくさんできる。
「とまと」にはグルタミン酸(うま味)がある
野菜は度の野菜も加熱すると甘くなるし、
うま味の量が増加することもわかっている
これが、気絶するほど美味しいりゆうかな~
温かいうちに食べても、冷やしても、美味しいデス❣
日本の茄子には苦みのある成分は少ないので、
必須工程ではないが、
トルコの茄子では、塩もみしたり、
水に浸けるなどの工程をするようです。

f:id:CATNIP:20200810212838p:plain

《パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ》
材料 
・なすび      4本
・オリーブオイル  大1
・にんにく     1片
・玉ねぎ     1/2個
・トマト      1個
・プチトマト    2個
・パセリ
・塩胡椒     小1
・レモン汁    小1
・水        100㎖

①なすびの皮を縞々にむく
②アルミホイルでしっかりくるんで、
 焼き茄子の要領で焼く
 3分→3分→1分→1分 (7/3投稿参照)
③焼きあがった②のなすびにに切れ目を入れる
④鍋にオリーブオイル、にんにく入れて香りを出し
 みじん切りの玉ねぎをよく炒める
⑤④にトマトのみじん切りを入れていため、
 水気が飛んだら、塩胡椒で味を調える
⑥③のなすびに⑤をはさんで、
 鍋に戻してならべ、水、レモン汁をいれて、
 スライスしたプチトマトトピングして、
 5分煮る~


Point (^^)b
ブロッコリを最後に一緒に入れて煮ました~
焼き茄子の要領でなすびを加熱すれば、
抗糖化調理法で出来る❣
簡単❣うまうま(^_-)-☆

【本文参考文献等】
・写真 ウキペディア

最後まで読んでくださり、
ありがとうございました
次回も簡単レシピ
ご期待ください (^.^)❣ 

楽しまにゃ~
★+
こちらはポチポチっと何度でも~   ヨロピク(^^♪ 
❥読者になる ポチっと  ヨロピク(^^♪ 
❥ブログランキングにも参加してま~ス  
ヨロピク(^^♪
     👇
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村