食♥楽しまにゃ~

めざせ❕老けない♥ロカボ生活~レシピ付

❥ラブリ~スープ(カブ&ビーツのスープ) ~ビート♡

♥ ビート  

ビート(beet)といえば、ロシア料理である赤い煮込み料理ボルシチ❣
赤い根菜だけど、カブとか大根のお仲間ではなく、
ホウレンソウと同じヒユ科(アカザ科)の植物❣

 

 

ビートは
飼料用(例えばマンゲルワーゼル)や
砂糖の原料(てんさい糖)のため、
葉を食す用(フダンソウ等)や
根を食す用(テーブルビート)がある❣
歴史は古く、ヨーロッパ各地でみられ
メソポタミア文明までさかのぼるという記述も~
歴史と食文化のつながりは興味ぶかいですが、
てんさい糖の生産は、
イギリスがサトウキビの流通を止めたことにより、
ナポレオンがてんさいの栽培に力を入れた~という

古代ローマでは、発熱や便秘 の治療に、
下剤として使われたり、
ヒポクラテスは傷を縛るためのビートの葉の利用を推奨
またビートのジュースは媚薬と考えられていた~

❥茹でても高い、栄養価❣
・ミネラル(カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅等)
・ビタミンB群(B1、B2、ナイアシン、B6、葉酸、パントテン酸)
・ビタミンC、ビタミンA(カロテノイド)
  多くのミネラル、ビタミン類により...代謝を上げ、美肌効果⤴❣
食物繊維、オリゴ糖...腸内環境正常化
・ベタレイン(ベタニン)色素⇒アントシアニンではない
  ...抗酸化作用、肝機能、動脈硬化など生活習慣病予防
・NO(一酸化窒素)
  ...血流改善、疲労回復、代謝アップでダイエット効果❣

最近ビートのジュースも流行ってますよね~
血流改善、代謝アップで、美と健康に欠かせない
歴史上、媚薬としても使われてきた~食材!
ドンドン使いましょう❣
❣(^^♪

私達の体は食べたもので出来ている
強いからだ作り、
楽しんで、、、
ご一緒に~
ストレスレスな
ロカボ(糖質制限)生活
レシピ、ご紹介します
 (^O^)/

 
◆私の提案するロカボの掟は
 糖質をできるだけ使わない
 調味料の中の糖質要注意
 ~(゚Д゚)ノ


★レシピ解説 (^_-)-★

おもてなしの時、バレンタインや春の
紅茶の会や、ワイン会の時に使います~
簡単❣  オチャレ❣

f:id:CATNIP:20200606223149p:plain


ラブリ~スープ(カブ&ビーツのスープ)
材料

・カブ     4個200g位
・ビーツ    100g(加熱済のパックや缶詰)
・長ネギ    1本
・豆乳(牛乳)   200㎖
・魔法の雫(レモン汁)
・オリーブオイル
・塩      小1
・胡椒

①カブと長ねぎをスライスして、
 ひたひたの水を入れて茹でる
②茹で汁ごと、ミキサー(ハンドミキサーなら鍋のまま)にかける
③ビーツもいれて、更ににミキサーにかける
 (鍋に戻し)豆乳(牛乳でもいいヨ❣)を少しずついれる
④塩胡椒、最後に、魔法の雫(レモン汁)と
 オリーブオイル入れて、
出来上がり~
 うまうま ❣('◇')❣


Point (^^)b
ロカボなので、ジャガイモではなく、カブにして、
ビーツが甘いので、玉ねぎより長ネギにしました

今回はバターもにんにくも使わず、あっさり、さっぱりスープ❣
ビーツの分量が多いと、ピンクではなく、
赤茶色になっちゃう~(゜o゜)
フレッシュのビーツがてにはいるなら、
かたいので、しっかり茹でてね
(酸(ヴィネガー、レモン汁)をいれて)
フレッシュの方が色が綺麗に出ますヨ❣
塩を入れて煮るとと色が変化するので、最後に味付けする
よく冷やして、冷たいスープでだしたり、
ゼラチンなどを入れて、オチャレなジュレにして
前菜にいかがでしょうか~
プルプル、うまうま❣(^^)❣

リビー スライスビーツ 425g 

      
 ❥株式会社トーホク あま~いサラダビーツ あま~いサラダビーツ 01110

  

最後まで読んでくださり、
ありがとうございました
次回も簡単レシピ
ご期待ください (^.^)❣

 

楽しまにゃ~
★+
こちらはポチポチっと何度でも~   ヨロピク(^^♪ 
❥読者になる ポチっと  ヨロピク(^^♪ 
❥ブログランキングにも参加してま~ス  
ヨロピク(^^♪
     👇
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村